So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

さくら [徒然]

今年は花見しなかったです・・

20170419.JPG

♥(6)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

マリンダイビングフェア2017 [徒然]

今年も空前絶後のサンシャイン池袋に行きました。
3時間ほどの滞在で、軽く見て回る感じでしたね。

20170408-01.JPG
寝坊したのでサブウェイでブランチになってしまった。

20170408-03.JPG
シャークジャーナリスト沼口麻子のサメセミナーを受けたり。

20170408-02.JPG
そして、ネズミザメの赤ちゃんを見たり。

20170408-04.JPG
穴が開いた3シーズン用グローブを調達して目的達成かな。

帰りは新宿のオリンパスによって水中写真を見ましたよ。

♥(9)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

IOPのウミウシたち [ダイビング]

八幡野の翌日は、 潜水注意のIOPで潜りました。
ウミウシにカメラを向けたのですが、修行不足です。

20170406-01.JPG
ハナオトメウミウシ

20170406-02.JPG
サラサウミウシ(ペア)

20170406-03.JPG
アオウミウシ #1

20170406-04.JPG
ハナミドリガイ

20170406-05.JPG
アオウミウシ #2

♥(10)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

八幡野 [ダイビング]

東伊豆は全滅か? と覚悟しましたが、八幡野がオープンしてました。
その割にはダイバーは少なかったような・・西伊豆に移動したのかな。

フラッシュは調子が悪く(電池が原因かも)、今回もマクロです。
マクロレンズだとクローズアップレンズがなくても寄れるんですね。
いつも持ち込んでるけど出番がなく・・今度から留守番させよう。

20170404-01.JPG
アカホシカクレエビ

20170404-02.JPG
クマノミ

♥(9)  コメント(2) 
共通テーマ:PLAYLOG

真鶴#5 みなとえりあ [旅行]

港エリアでお昼ごはん。

貴船神社(きぶねじんじゃ)
20170402-01.JPG

20170402-02.JPG
神社境内は本小松溶岩(本小松石)を使用した石造物が多数あり、本小松溶岩の観察や石材としての加工・利用方法を観察するには良い場所である。境内前のバス道路は埋め立て地で、かつては神社の下は海だった。元は貴宮(きのみや)大明神と称し、浜に漂着した船中の古仏像を安置したのが創始と伝わっている。
(箱根ジオサイトより)

魚座(さかなざ)
20170402-03.JPG
魚市場の真上にあります。

しとどの窟(しとどのいわや)
20170402-05.JPG
魚市場から徒歩1分。

20170402-06.JPG
真鶴町真鶴港の近く、及び湯河原町北西に連なる城山にそれぞれある、源頼朝ゆかりの史跡である。1180年(治承4年)、石橋山合戦で平家に敗れた源頼朝が、これらの地にあった岩屋に身を隠し、箱根権現別当のもとに逃れた後、真鶴海岸から安房国へと脱出したと伝えられている。
(箱根ジオサイトより)

岩エリアに戻って。

真鶴町民俗資料館
20170402-07.JPG
岩ふれあい館の駐車場が利用できます。

♥(8)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

真鶴#4 真鶴町立遠藤貝類博物館 [旅行]

真鶴町立遠藤貝類博物館を見てきました。岩地区の貝類研究科、故遠藤晴夫氏が生涯をかけて収集した貝類コレクション4,500種・50,000点の寄贈を受け開設されたとのこと。種類が多くて見ごたえあるものの、説明を聞かないと見どころがわかりづらいかも。

写真撮影OKでしたので、興味あるものをいくつか紹介します。

20170328-01.JPG
ヒメオキナエビスガイ (ユカタン諸島)

オキナエビスガイの仲間は「生きた化石」なのだそうです。化石で見つかる貝と同じような特徴を備えているということでしょう。生きた状態で最初に見つかったのが、このヒメオキナエビスガイです。

20170328-02.JPG
アダンソンオキナエビスガイ (ブラジル沖)

オキナエビスガイはみな円錐形と火焔模様があります。スリットは貝が割れてるのかと思いましたが、これも共通する特徴なのでした。

20170328-03.JPG
オキナエビスガイ (相模湾)

日本で見つかったオキナエビスガイ。深海に生息しているので残念ながらダイバーでも水中では見られません。

オキナエビスガイは29種類がここで展示されています。

20170328-04.JPG
ウミウシ (1987年発行)

30年前にウミウシの切手が発行されていたんですね。

20170328-05.JPG
ヒトエガイ (和歌山県 日高郡 みなべ町)

これは水中で見たことがあります!

20170328-06.JPG
アンモナイト (レプリカ?)

アンモナイトが大好きです。オウムガイも好きです。


♥(13)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

真鶴#3 三ツ石海岸 [旅行]

潮騒遊歩道からの~三ツ石海岸(真鶴岬と三ツ石)です。

真鶴岬と三ツ石は、“かながわの景勝50選”だそうで。

20170327-01.JPG
中央に見えるのが三ツ石ですね。

20170327-02.JPG
この角度だと二ツ石にしか見えない。

20170327-03.JPG
干潮時は陸続きになるとか。

20170327-04.JPG
渡ってみたいな~

20170327-06.JPG
ネコが日向ぼっこしてました。

20170327-07.JPG
まぶしそう。


♥(9)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

真鶴#2 番場浦海岸 [旅行]

番場浦海岸を散策します。

20170326-01.JPG
現在地を確認

20170326-02.JPG
番場浦駐車場から番場浦海岸に出ました。

20170326-03.JPG
右手方向に石切り場の跡が見えます。

真鶴半島採石場跡
20170326-04.JPG
石は江戸城築城のために使われました。ここから船で運べるため、鉄道が開通する現代まで利用されたとか。今でも真鶴は山側で採石が行われています。漁業ではなく石で発展した町なんだそうです。

詳しくはこちらへ。(箱根ジオパーク)

20170326-05.JPG
石を切るのは大変な作業だったでしょうね。

20170326-06.JPG
不思議な景色です。


♥(10)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

真鶴#1 岩地区 [旅行]

ブラタモリのような気分で、地味な地質で散策します。

岩地区は箱根ジオパークのエリアの1つ。詳しくはこちらを見てください。

源頼朝船出の浜 (真鶴町 岩海岸)
20170325-01.JPG
1180年(治承4年)、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、山中に逃れ、一時箱根権現に潜んでいたが、土肥実平の案内で土肥郷へと移り、8月28日、この浜から安房へと向かったという。

岩海岸を背にすると、小さな案内板が‥
20170325-02.JPG

進んだ先には、如来寺跡があります。
20170325-03.JPG

閻魔王
20170325-04.JPG

脱衣婆と十王像
20170325-05.JPG

地蔵菩薩
20170325-06.JPG

大日如来像と聖観世音菩薩像
20170325-07.JPG

如意輪観世音菩薩
20170325-08.JPG

20170325-09.JPG
噴石丘(火砕丘)をくり抜いて造られた洞窟。赤く酸化した溶岩の中を見る事が出来る珍しい場所とのこと。如来寺が洞窟だったわけではないようです。

20170325-10.JPG

♥(9)  コメント(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

ウミウシ [ダイビング]

真鶴の岩で3ビーチ、2本はダンゴウオ探し・・で心が折れましたので、最後はファンダイビング?! ウミウシを見つけて楽しみました。

20170320-01.JPG
ゴマフビロードウミウシ (初めて見た)

20170320-02.JPG
チシオウミウシ (初めて見た気がする)

20170320-08.JPG
シロサメハダウミウシ (初めて見た気がする)

20170320-03.JPG
シロウミウシ

20170320-04.JPG
ムカデミノウミウシ

20170320-05.JPG
ヒラミルミドリガイ

20170320-06.JPG
スミゾメミノウミウシ

20170320-07.JPG
キイロウミコチョウ

♥(9)  コメント(2) 
共通テーマ:PLAYLOG
前の10件 | -